header

ざっくり計算のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


こんにちは、タップです。

 

前回、せどりすとプレミアムの粗利計算設定
について書きました。

 

この設定で、ビームでリサーチすると、イヤ
ホンから聞こえてくる利益が仕入金額の基準
になります。

 

私はさらに効率化する場合は、もう一工夫し
ます。

 

それは、「ざっくり計算」です。

 

例えば、想定利益を販売金額の20%とした
い場合は、聞こえてくる利益からざっくりと
7掛けします。

 

どういうことかというと、
販売金額   :10,000円
アマゾン手数料: 2,000円
だとします。

 

この場合、せどりすとでリサーチすると
「利益は8,000円です」
と言います。

 

仕入金額が「1円」で設定しているので、利
益が約8,000円だということです。

 

ここで、利益率が販売金額の20%の場合、
10,000円の20%で、2,000円になるので、
仕入金額は
8,000-2,000=6,000円
となります。

 

ただ、これだけじゃありません。
6,000円は消費税込みの金額です。

 

ここから、店舗の表示価格にするには、
6,000÷1.08=5,556円
と計算しないとなりません。

 

これを8,000円から計算しようとすると、
(8000-(8000÷0.8×0.2))÷1.08
になります。

 

・・・ムリっす(苦笑)

 

これを、税別(5,556円)からイヤホンから聞こ
える金額(8,000円)を割ると、
5,556÷8,000=0.6945
です。

 

なので、ざっくり「70%」と考えます。

 

計算すると、
8,000×0.7=5,600円
ほぼ同額になります。

 

この方法だとメチャメチャ効率が上がります。

 

私がこの方法をやる前は、「8,000円」と聞
いて、商品価格を見て、電卓で消費税を計算
して、利益が出るか確認してました。

 

説明した方法だと、店舗の商品が聞こえた金
額の70%以下なら20%以上の利益が出る
事が分かっているので、それより高い金額な
ら一瞬でスルーできます。

 

実を言うと、私はさらにざっくり計算をして
います。

 

何かというと、聞こえてくる金額を百円単位
を四捨五入してます。

 

例えば、「利益は6,798円です」と言われたら、
「7,000円」で計算します。

 

「6,798円」の70%は「4,758円」
「7,000円」の70%は「4,900円」

誤差は142円で利益率としては1~2%程度。

店舗の場合、このぐらいの誤差では割引しな
いので、仕入対象のリサーチに影響すること
はありません。

 

この「ざっくり計算」では、利益率が低くて
回転率の高い商品を取りこぼす可能性がある
というデメリットもあります。

 

ただ、自分なりの利益率を決めて、ドンドン
リサーチする場合はすごく効率が良くなりま
すので、試してみて下さい。

 

タップ