header

リサーチ外注さん募集しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
ド田舎副業せどらー、タップです。

 

以前、「せどりで時間が足りない時は」ということで、納品外注さんを募集したことを記事にしました。

 

今回はリサーチ外注さんについてです。

 

副業だと毎日の仕事があると、1日に30分と時間が取れないこともあります。

 

リサーチに1個1分かかったとしても、30分だと30個出来ればいいところです。

 

そういう時こそ、外注化です。

 

自分で時間が作れない場合は、他の人に代わってもらえばいいわけです。

 

「そうは言っても、ちょっとハードルが高い」と思うかもれません。

 

私もそうでした。

 

クラウドワークスにしても、募集文をどうするか。

 

応募が来たら、どうやって対処すればいいのか。

 

そもそも応募があるのか。

 

しかし、やってみると簡単です。

 

もちろん、私はバタバタしました。

 

幸いにも私には先生がいて、その都度相談をしました。

 

募集文はテンプレートのように、ほぼ決まり文句です。

 

応募が来た場合も、自分がやっていることを説明するだけです。

 

私は説明が下手ですが、応募して来る方は、未経験者の場合はお互い初心者なのでフォローし合えます。

 

経験者の場合は、相手の方が分かっているので、ポイントを伝えれば察してくれます。

 

「呆れられないか」と不安でしたが、どちらかというと理解しようとしてくれます。

 

そもそも応募があるかということですが、納品外注さんより反応はいいです。

 

私の場合、1週間で3名の応募があり、1名は募集の翌日に応募がありました。

 

納品外注さんの場合は、アマゾン倉庫に近い方や自宅の地域に近い方になります。

 

これは、商品を届けたり、アマゾン倉庫に送る運送費に影響するからです。

 

しかし、リサーチ外注さんはパソコンで商品をリサーチするだけなので、全国どこでもOKです。

 

また、外注さん自身に商品が送られるわけではないので、気楽に始めることができます。

 

そのため、募集への反応はいいわけです。

 

応募後は、手順の説明が必要ですが、最初だけです。

 

あとは外注さんが理解して進めてくれます。

 

はっきり言って、私より優秀です。

 

私がチマチマ1日20~30個しかリサーチしていなかったのに、その10倍はリサーチしてくれます。

 

自分である程度手順を理解したら、1ヶ月ぐらい犠牲にしてでも早めに外注化するべきだと思います。

 

圧倒的にその後の差が出ます。

 

外注化された方は皆さん口をそろえて、「もっと早く募集しておけばよかった」と言いますが、本当にそうだと思いました。

 

副業に限らず、時間が足りないと思った場合は外注化が一番の近道だと思います。




よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

関連記事

タップ