header

面倒くさいを解消するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
ド田舎副業せどらー、タップです。

今回は、なぜ面倒くさいと感じるかです。

例えば、「出品作業」面倒くさいですよね。
なぜでしょう。

理由はいくつかあります。
それは、
・行動に対して成果が出にくい
・行動に対して見返りが少ない
・やることが多い
・時間がかかる
などです。

「出品作業」は、やることが多く、時間もかかる割に、直接の見返りがほとんどありません。

また、せどりやダイエット、勉強など今やってることに対して、すぐに成果が表れるわけではありません。

ひょっとしたら、失敗するかもなどと思うこともあります。

なので、
「やってもムダ」
「やりたくない」
と思うわけです。

そうするとだんだん、
「やらなくても損しないし」
「現状維持ならいいか」
と考えるようになり、その結果、「面倒くさい」と思って行動しなくなります。

でもあなたは、やったほうがいいことは分かってはいます。

では、行動するにはどうしたらいいでしょう。

「気合を入れて」とは言いません(笑)
気合いが入らないから面倒なんですから。

2つ方法があります。

「チャンクダウン」と
「ベビーステップ」です。

チャンクダウンとは、
チャンク(塊り)と小さくすることです。
例えば、肉の塊をドンと置かれて、「さあ、食べて」と言われても無理ですよね。

それを、小分けに分けられれば、少しずつ食べられます。

これと一緒で、出品作業などでも、出品するものと、まだ出品しないものに分けてみるとか、商品のジャンル別に分けてみるとかです。

次に、「ベビーステップ」です。これは字の通りで、赤ちゃんの1歩のように小さく始めるということです。

例えば、
「作業を5分だけやってみる」
ここでポイントは、
「その時間になったら途中でも止める」
ということです。
途中で止めて、他のことをすると、脳が違和感を感じ、作業を完了させたいと思います。

これは、心理学の「焦らし効果」というものです。
マンガやドラマなど、もうちょっとのところで「続きは来週」とされると、「その先を早く知りたい」と思いますよね。

以上のように、やらなくてはいけないことでも面倒だと思った場合は、全てを完了させる必要はなく、ちょっとだけやるようにします。

そして、
「これくらいならできるかも」
状態にさせたら、
「もうちょっとだけやりたい」
という心理に自分を思いませます。

これは、せどりの作業だけではなく、全ての行動にあてはまります。

「面倒くさい」と思うことに罪悪感を覚える必要はありません。それは当たり前のことなんです。

「面倒くさい」と思うと、「もうちょっと楽にできないか」と改善案を考えて、生産性を上げることにつなげるので、「面倒」は邪魔ですが、重要なことです。

「何が面倒くさいんだろう」と考えて、それを「ちょっとだけやってみよう」と行動してみてください。

体を動かすと、脳が後からついてきます。

是非、試してみてください。




よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

タップ